home news product shop list about us contact us
   
 
バイシクルホイール、その美しく効率的な構造体

発明されてから一世紀を経てなおその基本構造を変えないスポークホイールは、あらゆる路面状況に対応することができる素晴らしい構造をしています。トポリーノは最新のテクノロジーとノウハウを生かし、コンポジット・マテリアル(複合素材)をもってまったく新しいホイールを造ることを決意しました。

最新素材のアドバンテージを生かして

スポークにはケブラーとカーボンファイバーのハイブリッド構造を採用しています。あらゆるサーモプラスティック樹脂のなかで、カーボンファイバーは究極的ともいえる強靭さを誇ります。このユニークなコンポジットスポークは信じられないぐらいに強く、素晴らしく軽いものです。トポリーノのカーボンコア(TM)スポークは14gのステンレススポークより強靭で、たった5分の1の重量しかありません。

軽量性はトポリーノの数ある特長のひとつにすぎません。サーモプラスティック樹脂とカーボン&ケブラーのハイブリッド構造スポークは、路面からのバイブレーションを打ち消すよう作用します。その違いは乗れば誰もがはっきりと分かるほどです。

トポリーノはハブにも特殊なサーモプラスティック・カーボンファイバーを用いています。航空機の素材に使われるアルミニウムに対抗するほどタフで、45%も軽量にできています。しかしそのマテリアル(素材)でさえ私たちトポリーノのストーリーのひとつに過ぎません。まったく新しいホイール構造への私たちのアプローチを、ぜひ体感して欲しいのです。

対角線上に貫通するスポーク構造

すべてのスポークはハブで中断されることなく、リムの対角線上へとつながっています。スポークに掛かる負荷が著しく軽減されることで、切断のリスクなくリムの両サイドまで高いテンションで張ることができるのです。

従来のスポークホイールの場合、スポークはハブフランジと完全にはマッチしていません。ホイールビルダーの誰もが知っているように、スポークはリムへと向かうためにフランジ付近で強制的に曲げられ、大きなストレスが掛かっているのです。スポークに局所的に曲げの力が掛かることにより、破損や伸び、金属疲労を引き起こす原因となるのです。

バランスの取れた構造

最新の9,10スピード・リアスプロケットはリアハブのアクスル(車軸)上に大きく場所をとります。そのことで左右のハブフランジはリムの中心線上に対して非対称となり、大きなアンバランスが生じています。結果として左右のスポークテンションに差が生じることになります。駆動側と非駆動側のスポークテンションの差は、リアホイールのアキレス腱と形容される欠点となっています。

今まで多くのホイールデザイナーがこの問題を解消しようと、左右のフランジ幅を詰めてみたりしました。それらは結果として弱いホイールを生み出しただけに終わっています。

トポリーノでは違う手法をとっています。我々はリアホイールの駆動側に、非駆動側より50%多いスポーク本数を採用しています。この方法によって左右のテンションバランスがとれ、強いホイールを実現しています。

賢明なスポーク数とは…

「トポリーノのコンポジットスポークが軽いからといって、本数を増やなくても良いのでは?」そう疑問に思われるかもしれません。しかしスポーク本数を増やすことによる実際的なデメリットはほとんどありません。私たちはそれを「賢明なスポーク本数」と呼んでいます。トポリーノのフロントホイールには24本、リアホイールには30本のスポーク本数が採用されています。それは最近のホイールにしては多いと言えるでしょう。しかし数本の追加スポークはリム周辺におけるストレスを軽減し、そのことによってさらに軽いリムの採用が可能になるのです。ご存知の通りホイール外周部の重量が減れば走りは軽くなります。同時に強いホイールを組めるメリットがあるのです。

エアロダイナミクス

我々は地球上で最も軽く強いホイールを造りながら、同時にエアロダイナミクスに対する可能性も追求していました。スペシャルケブラースポークを空気抵抗の少ないブレード(刃)状の断面形状にし、セミエアロ形状のカーボンリムを組合わせました。軽いだけでなく、風を切り裂くホイールの誕生です。

モジュラー構造

私たちがたくさんのテクノロジーをこのホイールに詰め込もうとも、安心して使い続けるためには修理可能にデザインされていることが必要です。トポリーノのホイールはスポークとハブがそれぞれホイールの半分を構成するモジュラー(塊)として設計されています。

そのためクラッシュによってホイールがダメージを受けたとしても、それぞれの独立したパーツを取り替えるだけで修理可能になっています。しかもすべてが従来の工具を使うことで修理可能であるため、修理・再生は非常に簡単になっています。




Carbon Coreシリーズで採用した新型フリーボディとハブシェル
Carbon Coreシリーズのホイールにはローラーベアリングを使用したフリーボディとより強固な剛性を誇る新型カーボンハブシェルを採用しました。
これらの採用により、横剛性が大幅に向上し、ホイール全体の比類なきものとなっております。
Topolino CTR2.0
Topolino CTR2.0

この”True Black”シリーズのCTR2.0ホイールセットは、Topolinoファミリーの中で最も機能的なホイールと位置づけられます。
特徴的なスポークパターンはそのままに、新開発のスポーク素材はカーボンの含有比率を約50%高め、快適性を犠牲にすることなく高いレベルでの剛性を獲得しました。
データ フロント リア
重量 590g 770g
スポーク数 24 30/18(フリー側)&12(反フリー側)
エンド幅 100mm 130mm
リム クリンチャー・アルミニウムロープロファイルリム 幅19mm×高さ20mm
互換性 Shimano8/9/10 speed & Campagnolo9/10/11 speed cog
価格 168,000円 (前後セット・チタンクイック付属・税込)
特徴
リム エアロプロファイル熱処理済アルミニウム、接合部溶接、ブレーキ面削り出し
スポーク エアプロファイル Carbon Core(TM)コンティニュアスカーボンファイバーコンポジット
ハブシェル 新型 ロングファイバーカーボンハブシェル
フリーハブ 鍛造、熱処理済アノダイズド 7075-T6 アルミニウム ローラーベアリング採用 熱処理済CrMo3枚歯ラチェットメカニズム
ベアリング メンテナンスフリー ABEC-5シールドカートリッジベアリング
Topolino ATR3.0
Topolino ATR3.0

この”True Black”シリーズのATR3.0ホイールセットは、エアロダイナミクスとクロスウインドの中での安定性のバランスを高い次元で獲得したオールラウンドなホイールセットとなります。
特徴的なスポークパターンはそのままに、新開発のスポーク素材はカーボンの含有比率を約50%高め、快適性を犠牲にすることなく高いレベルでの剛性を獲得しました。
データ フロント リア
重量 645g 835g
スポーク数 24 30/18(フリー側)&12(反フリー側)
エンド幅 100mm 130mm
リム クリンチャー・アルミニウムエアロリム 幅19mm×高さ30mm
互換性 Shimano8/9/10 speed & Campagnolo9/10/11 speed cog
価格 168,000円 (前後セット・チタンクイック付属・税込)
特徴
リム エアロプロファイル熱処理済アルミニウム、接合部溶接、ブレーキ面削り出し、ニップル内蔵
スポーク エアプロファイル Carbon Core(TM)コンティニュアスカーボンファイバーコンポジット
ハブシェル 新型 ロングファイバーカーボンハブシェル
フリーハブ 鍛造、熱処理済アノダイズド 7075-T6 アルミニウム ローラーベアリング採用 熱処理済CrMo3枚歯ラチェットメカニズム
ベアリング メンテナンスフリー ABEC-5シールドカートリッジベアリング
Topolino VX4.0
広範囲にわたる研究開発の結果として、Topolinoは自信を持って新たに開発した3種類の進化した”Carbon Core”(カーボン コア)シリーズのホイールセットを提供します。revelationシリーズの成功を基に、より進化したハブプラットフォームとベアリング技術を採用した、新たなレベルのホイールセットの登場です。

この”Carbon Core”シリーズのVX4.0ホイールセットは、大変軽量/強靭なカーボン/ケブラーの複合構造スポークを使用し、新たなカーボンハブプラットフォームを有しています。この新たなカーボンハブプラットフォームは特徴的なカーボン/ケブラースポークと共により一段と高いレベルへと導きました。そして新たに設計されたフリーハブ内部のベアリングにはローラーベアリングを採用し、高い横剛性も得ています。
データ フロント リア
重量 470g 650g
スポーク数 24 30/18(フリー側)&12(反フリー側)
エンド幅 100mm 130mm
リム チューブラー・カーボンエアロリム 幅19mm×高さ40mm
互換性 Shimano8/9/10 speed & Campagnolo9/10 speed cog
価格 294,000円 (前後セット・チタンクイック付属・税込)
特徴
リム ワンピースオールカーボンリム
スポーク エアプロファイル Carbon Core(TM)コンティニュアスファイバーコンポジット
ハブシェル 新型 ロングファイバーカーボンハブシェル
フリーハブ 鍛造、熱処理済アノダイズド 7075-T6 アルミニウム ローラーベアリング採用 熱処理済CrMo3枚歯ラチェットメカニズム
ベアリング メンテナンスフリー ABEC-5シールドカートリッジベアリング
Topolino CX2.0
この”Carbon Core”シリーズのCX2.0ホイールセットは、大変軽量/強靭なカーボン/ケブラーの複合構造スポークを使用し、新たなカーボンハブプラットフォームを有しています。この新たなカーボンハブプラットフォームは特徴的なカーボン/ケブラースポークと共により一段と高いレベルへと導きました。そして新たに設計されたフリーハブ内部のベアリングにはローラーベアリングを採用し、高い横剛性も得ています。
データ フロント リア
重量 590g 770g
スポーク数 24 30/18(フリー側)&12(反フリー側)
エンド幅 100mm 130mm
リム クリンチャー・アルミニウムロープロファイルリム 幅19mm×高さ19.5mm
互換性 Shimano8/9/10 speed & Campagnolo9/10 speed cog
価格 157,500円 (前後セット・チタンクイック付属・税込)
特徴
リム ロープロファイル熱処理済アルミニウム、接合部溶接、ブレーキ面削り出し
スポーク エアプロファイル Carbon Core(TM)コンティニュアスファイバーコンポジット
ハブシェル 新型 ロングファイバーカーボンハブシェル
フリーハブ 鍛造、熱処理済アノダイズド 7075-T6 アルミニウム ローラーベアリング採用 熱処理済CrMo3枚歯ラチェットメカニズム
ベアリング メンテナンスフリー ABEC-5シールドカートリッジベアリング
Topolino AX3.0
この”Carbon Core”シリーズのAX3.0ホイールセットは、大変軽量/強靭なカーボン/ケブラーの複合構造スポークを使用し、新たなカーボンハブプラットフォームを有しています。この新たなカーボンハブプラットフォームは特徴的なカーボン/ケブラースポークと共により一段と高いレベルへと導きました。そして新たに設計されたフリーハブ内部のベアリングにはローラーベアリングを採用し、高い横剛性も得ています。
データ フロント リア
重量 650g 846g
スポーク数 24 30/18(フリー側)&12(反フリー側)
エンド幅 100mm 130mm
リム クリンチャー・アルミニウムエアロリム 幅19mm×高さ30mm
互換性 Shimano8/9/10 speed & Campagnolo9/10 speed cog
価格 157,500円 (前後セット・チタンクイック付属・税込)
特徴
リム エアロプロファイル熱処理済アルミニウム、接合部溶接、ブレーキ面削り出し、ニップル内蔵
スポーク エアプロファイル Carbon Core(TM)コンティニュアスファイバーコンポジット
ハブシェル 新型 ロングファイバーカーボンハブシェル
フリーハブ 鍛造、熱処理済アノダイズド 7075-T6 アルミニウム ローラーベアリング採用 熱処理済CrMo3枚歯ラチェットメカニズム
ベアリング メンテナンスフリー ABEC-5シールドカートリッジベアリング