power2maxの精度 ±1%(NG) or ±2%(NGエコ)について 「どちらがおすすめ?」かを考えてみました。

商売だけ考えれば、高いほうが良いです! で終わってしまうので・・・

NGはより高精度、かつ温度補正機能も高精度になっているため、予算に余裕があるのであれば、NGを選んでいただいて間違いないです。

ですが、下記の通りいかんせんNGエコとの価格差が大きく、 (例)Rotor Aldhu用の場合  NGエコ:78,000円に対しNG:139,000円 差額61,000円 NGエコをお選びいただいても±2%の精度なので、両足計測のパワーメーターでこの精度であれば十分指標として足り得ると思います。

但し、この価格差は精度だけでなく、電池形式や標準装備される機能が増える(左右バランス・ペダルスムースネス)等がありますため、一概には大きいとは言えませんが・・・。 こう言ってしまうとNGを選ぶ意味はあるのか? となってしまいますので、ワット数(FTP)に直して改めて検討してみました。(FTPをご存じない方は、ざっくりですが自分の自転車基礎体力を数値化したものだと思ってください)

ご自分のFTPが「300W」の場合の誤差範囲を計算してみます。 NG: ±1%の誤差のため、誤差範囲は 297~303W(±3W) NGエコ: ±2%のため、誤差範囲は 294~306W(±6W) 上記を見ているだけですと、大した差ではない様に見えますが、まじめにトレーニングされている方にとって、この誤差の幅の中での上下の数値を取ると、最大でNGで6W、NGエコでは12Wの差となってしまいます。(あくまで理論値ですが) この幅を大きいと取るか?小さいと取るか?が判断基準となるかもしれません。

自分でトレーニングをしていらしゃる方にはお分かりかと思いますが、FTPを6W上げるというのはなかなかに大変なことでして、その上昇幅をきっちりと認識する為にはNGレベルが必要と考えられる方もいらっしゃると思います。(とは言ってもNGを購入したから出力が上がるわけではないので念の為。)

NGとNGエコの精度という観点からの選び方の一助になればと思います。 引き続き、パワーツーマックスを宜しくお願い申し上げます。 #power2max #パワーツーマックス #typeng #ngeco



© 2005‐2020 Zeta Trading.inc All right reserved.

 

ゼータトレーディング有限会社は自転車関連製品の輸入代理店及び卸売業となります。

ご注文は、お近くの販売店にてお願い申し上げます。

​* 販売店につきましては、弊社SHOP LISTでご覧いただくか、弊社及びショールームまでお問合せ下さい。

​ショールームHP http://cafe-zt.com/